2013年 かに座の空模様。 | 優悠寛適な日々

優悠寛適な日々

ホ・オポノポノをいつも唱えている
基本的に、能天気な私の毎日のことを書いてます。

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カスタム検索
<< 2013年 さそり座の空模様 | main | 2013年 みずがめ座の空模様。 >>

2013年 かに座の空模様。
JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

グエルさんのです。

2013年 かに座の空模様。



 2012年後半から2013年前半にかけて、何度か
「これは、以前にも見たことがある…」という景色を
目にした人が多かったかもしれません。
デジャブのように、あるいは
再挑戦の機会を与えられるかのように、
「過去」だったはずの風景を「今現在」のものとして
再度、眼前に引き受けた人が多かったのではないでしょうか。

そうした場面で、
以前の自分にはとても不可能であったような、
「今だからできる選択」をしたとき、
そこから先のことはもう、「見たことのある風景」ではなく
「全く新しい、ここからどうなるか一切解らない風景」です。
そこでは自然に、
自分をどんどん改変していくことが必要になります。
ひとつ、選択を変えたとき、世界は新しいレスポンスを返してくれて、
そこに、自分がまた新しい反応をしていく、というふうに
変化と反応のラリーが続くわけです。
そのラリーを重ねているうち、次第に、
自分というもの全体が、新しい存在に変化していきます。

2012年の後半から2013年の前半は、
どちらかといえば「人しれず取り組むこと」が
多かったのではないでしょうか。
華やかに外に向かってプレゼンテーションするようなことではない、
でも、自分の人生においてかけがえのない重要なミッションに
取り組んでいる人が少なくないと思うのです。
そうした、人に見えない場所で起こる変化を越えて、
2013年半ば以降、人からもありありと見える、
頭の天辺から足の先まで新しい服に着替えてしまうような、
そんな変化がスタートします。

この変化は、単に個人的に選択するようなものではなく、
他者との関係の変化や、自分を取り巻く社会の変化に対応するために
ある意味、否応なく選択していくことになるのかもしれません。
この「他者との関係の変化」「自分を取り巻く環境の変化」は、
今に始まったことではなく、
2008年頃から順次、進んできており
特に、2012年に何度か、ガツンと大きな進展を経てきていると思います。
2012年、プライベートな一大ミッションに取り組みつつ、
そうしたずしんとした重みのある変化を横目に見て
「この変化に対応できる自分になるために、選べる道はどれか」
ということを、無意識に考え続けていたのではないでしょうか。
もたらされる変化を受けて、選び取らねばならない変化。
世界の変化を受けて、
それに能動的に関わっていくために選択する変化。
これが、2013年の主要なテーマです。
この「世界」は、「全世界」「時代」のように大きなものとして受けとる人もいるでしょうし、
自分の活躍の場とか、自分を取り巻くコミュニティとか、業界、世代などとして感知している人もいると思います。
いずれにせよ、
自分から見て「内側」ではなく「外側」にあたる世界が
貴方と肌を接する範囲でドラスティックに変化していて、
その変化をびしびしと直接に感じながら、
それを「受けて立つ」ようにして自分も脱皮していくプロセスなのです。


進路に迷っている人に対し
「好きなことを仕事にしないほうがいいよ」と
アドバイスする人がいます。
「好きなこと」はあまりにも自分自身であり、
かつ、自分が安らぎ楽しむ場であるべきなので、
それを「仕事」という抜き差しならないシビアなものと位置づけてしまうと
生活の逃げ場がなくなってしまうよ、
というような意味合いのメッセージなのだろうと思います。
ですが、好きなことを仕事にしてしまう人ももちろん、少なくありません。
何よりも「自分自身」であるような、心から好きだと思えることに
真剣に取り組んでいくことは、たしかに
逃げ場のない、非常に辛いことと言えるでしょう。
それが成功したときには無上の喜びを感じることもできるわけですが
そこにたどり着くまでは、文字通り、
身を切るような苦しみものりこえていかなければなりません。
何よりも自分自身であることに、全力で真剣に取り組むこと。
これは、最も苦しく、最も幸福なこと、と言えそうです。

2013年の蟹座の人が全て「好きなことを仕事にする」というわけでは
もちろん、ないとおもいます。
でも、なんらかのかたちで、2013年から2014年にかけての貴方は、
自分が好きなことに対して、非常にストイックに取り組むことになりそうです。
もはや「遊び半分」などとは言えないほどに真剣に、
苦しみや厳しさも受け入れて、
好きなことの世界に「没入」する人もいるかもしれません。
この「好きなこと」は、さまざまです。
昔から好きだった趣味や、愛する人、愛するもの、愛する場所。
どんなことかは解らないのですが、それらを
生活の中の「サブ的な部分」として位置づけることができないだろうと思います。
生活の中心に、もっとも自分の心の近くにあるものをがーんと据え置く
ということは、勇気の要ることですが
ここでそれを真剣にやっておくことが
貴方の人生において、どうしても必要なのだろうと思います。
このこともまた、貴方を「変える」作用を持っています。
2013年、周囲の人が貴方に「変わったね!」という言葉を投げかけたとき、
その意味は実に様々だろうと思います。
活躍の場が変わったこと、
社会的な顔が変わったこと、
好きなことに打ち込む態度が変わったこと、
貴方のアウトプットのクオリティが変わったこと、
表情が変わったこと、全体的な印象が様変わりしたこと。
誰かに「変わった」と言われたら、是非その言葉の真意を聞き返してみてください。
その答えの中に、貴方自身全く意識していない、
鮮やかに変化した貴方の姿が見いだせるだろうと思います。

2012年まで、もっと言えば、2013年前半までの貴方は
どこか「自分以外の存在」にじっと目を向けています。
身近な人、守るべき人、自分が犠牲を払って助けなければならない人、
かつて自分を救ってくれた人、関わりを保っていかなければならない人。
自分が関われる「誰か」の姿を見つめ、
その人の姿から逆算するようにして「自分」を体感してきたのではないかと思うのです。
2013年半ばから2014年にかけて、
貴方はそこから一転して「自分自身」になろうと試みます。
この試みは、「元の自分に返る」ような試みではなく、
まるで新しい自分になろうとする、生まれ変わるような試みと言えます。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月、人との関わりが分厚くなっていきます。
2012年中に知り合った人との距離を、じわじわと縮めていくような、
そんな時期となりそうです。
自分から働きかける場面もあると思いますが、
人から声をかけられることのほうが多いかもしれません。
他者に対して楽観的に向き合えるタイミングです。
2月になると、遠い場所からの「誘い」を感じるかもしれません。
遠くまで旅行に出たり、出張の用事ができたりと、
距離を超えてやってみるべきことがありそうです。
向学心が刺激される時期でもあり、2月から3月のあいだに
一気にある程度のボリュームの勉強を「修了」できる人もいるでしょう。
3月前半は少しもたつくことがあるかもしれません。
あるいは、かつて行った場所に「再訪」することになる気配もあります。
3月の後半は、非常に大きな転換期となっています。
星座を問わず、ここは重要なターニングポイントなのですが
蟹座の人にとっては特に、
社会的な立場や対外的な活動の面で、
ドラスティックな変化が生じそうです。
突然の抜擢や降ってわいたようなチャンスなど、
輝かしい「突破口」に出くわす人も多いはずです。
「ブレイクスルー」のタイミングと言えるでしょう。
4月は、3月の変転を受けて、果敢に勝負を挑んでいくタイミングです。
3月後半から4月は、手を緩めることなく、
常に勇敢に攻めて行くべき時期となっています。
5月は、4月までの緊張感が少し緩み、
リラックスして未来の事を考えることが出来るようになります。
貴方が4月までに出した結果を目の当たりにした人々が
このあたりでどんどん「仲間」として集まってきてくれる気配もあります。
春先の勝負の結果が、
貴方の周りに面白い「広がり」を呼び寄せてくれるような時期なのです。
6月は、今までずっと続けて来た周囲への「献身」を一段落させるような、
どこかふんわりした空気のタイミングです。
6月末、新しい自分に生まれ変わるための1年が始まる、
だいじな節目がやってきますが
この節目と同時に、物事を少し遅らせる動きが生じるので、
「スタートダッシュ!」とはいかないようです。
むしろ、家を出てから忘れ物に気づいてちょっと戻る、
というような動きがあるかもしれません。
これは、単にタイミングの問題で、たいしたことではなさそうです。
7月半ば以降、6月末に「スタート」したことが
ドラマティックに本格化していきます。
ここでは、非常にスケールの大きな変化が、
「こういうふうに進むしかないよね」という「当然感」をともなって
ぐいぐいと進んで行くような雰囲気があります。
肩肘張って頭で考えて動かすようなことではなく、
自分も含めた、自分を包んでいる世界全体が、
ある大きな方向にどーんと流れていくような、
大きな潮流のうねりを感じられるタイミングだろうと思います。
能動的にやっているのか、受動的に進まされているのか、
その区別がよくわからないような、「否応ない」納得のある時期なのです。
8月になると、こんどはむしろ、
自らの意志でガツンと選び取らなければならない選択肢が
目の前に置かれるかもしれません。
ここでは、「動かされている」ような感じはほとんどなく、
自ら「こうする」と宣言し、同時に動き出すような時期です。
誰も着いてこなくても、誰にも認められなくても
「自分はこれしか無いんだ!」と吹っ切って進んでみたら
意外にみんなついてきてくれた!
というような展開もあるかもしれません。
9月は経済的な動きが大きい時です。
収入の道を切りひらいたり、大きな買い物を決断したりと、
自分の手で「所有」や「獲得」に関する行動を起こすタイミングです。
入る方も出る方も、突発的で力強く、
いずれにも「攻め」の姿勢がにじんでいるはずです。
10月から11月は、「出かけていく」時期です。
単に外に出るだけでなく、
「人に会いに行く」ことが多くなりそうです。
それも、何か別に目的を持って人に会いに行くのではなく
人に会うことそのものが目的、といったようなかたちです。
人に会い、そこで好意や面白い話を交換し、
心の結びつきを作って行くことが、
この時期の貴方にとって非常に重要な意味を持っているのだろうと思います。
12月移行、環境が大きく変わる時期に入っていきます。
パートナーを得て引越、とか、子供ができて引越、というような
けっこうストレートな展開かもしれませんが、
どんな形の環境変化にせよ、
「人との好意や愛情を介した結びつき」と、「いつもの風景」が
熱い化学反応を起こして、貴方を取り巻く環境を変えていく
ということだろうと思います。
この動きは、12月という月にとどまらない、
2014年の前半にかけて続いていく、少し長丁場のプロセスです。


愛情関係については、
厚みと重みのある、とても真剣な時期となっています。
ずっと恋愛をしていない人にとっては
長い時間をかけて育てていける関係を得られる時ですし、
パートナーがいる人にとっても
愛について真剣に取り組む年となるだろうと思います。
年の後半からは、貴方自身の変化の振り幅が大きくなるため
愛もそれにともなって、様変わりしていくかもしれません。
2013年後半から2014年前半という期間は、
人生の節目となるような大きな出来事の起こりやすい時なので、
結婚や出産など、目立った出来事も期待できます。
この場合も、結婚式場の広告のようなふわふわした愛のイメージではなく
「現実」を見据えた、とてもシビアな重みをともなった、
芯のある愛を目指す人が多いだろうと思います。
そうした「芯のある愛」のほうがずっと、
味わい深く、充実したものであることが、実感できるはずです。
愛に追い風が吹くのは、1月、3月上旬から中旬、6月、9月中旬から10月上旬です。
11月上旬にも、愛に魔法のかかるような出来事が起こるかもしれません。


2013年後半から2014年前半は、
木星という星が蟹座に巡ってくる時期となっています。
約12年に一度訪れるこの星は、
「幸運を授けてくれる」と言われています。
このことから、占いでは「ラッキーイヤー」などと書かれることも少なくありません。
「ラッキーイヤー」という言葉は、
願いがなんでもラクに叶い、愛に恵まれ、お金も儲かり…というような、
ラクチンタナボタの雰囲気を纏っています。
でも、私は、経験的に、木星が来る年はそうした
「濡れ手で粟の幸運期」というのとは、だいぶ違うと思っています。
むしろ、自分の可能性の畑を盛大に耕して、
全く新しい、向こう12年分の幸運の種を蒔くような、
とてもフレッシュな時期となる事が多いように思うのです。
ゆえに以前から、私は木星が来る年のことを
「耕耘期」といいならわしてきました。
この期間には、古い苗を引っこ抜くような出来事もあれば、
今まで自分を守ってくれていた木を切り倒すような出来事が起こる事も
決して珍しくありません。
今までとは違った畝を刻んだり、
難く固まった土を鋤き返して空気を入れたりと、
とかく、「今までとは違う状態」が現出しやすいのです。
これらは、人生に何度か起こる「脱皮」のような出来事で、
決して「悪いこと」でも「不運」でもなく
やはり「幸運」としか呼びようがないようにも、思えます。
ためしに、今から12年前のことを思い出してみると、
(それがまだできない年齢の読者もいるかもしれませんが(!))
そのことの意味が、「なるほど」と、感じ取れるかもしれません。

新しい職場のことかなあ?とか考えながら読んじゃいました。

次は、息子くん。
HAPPYになれる言葉・音楽・人など | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
グリムス
忍者Admax
OTHERS


SPONSORED LINKS